弊社について

ミッション

目の前の人の
「ヨリドコロ」であり続ける

「ヨリドコロ」の語源は「寄す処(よすか)」。さらに「寄」には「家に身を寄せる」という意味が込められています。

「なんとなく不安、でも誰に相談したらいいのかわからない。」

こんなとき、気軽に相談し、身を寄せられる場所があったらいいのにな。そんな想いから、このミッションを掲げました。

結果が優先されることが多い現代だからこそ、置いてきぼりになりがちな、自分たちの気持ち。でもきっとこの文章を読んでいる全員が、何かしらの不安を抱え、悩んでいます。

人間そんなに強くはないです、1人でできることも限られています。だからこそ、みんなで支え合いながら歩んでいきたい。

ヨリドコロでは、まずは気持ちに寄り添います。誰に聞かれることもなかっただろう不安やお困りごとの吐け口となり、問題の解決策を一緒に考えられる存在でありたいと思っています。

家に帰ってきて、家族に今日あったことを報告するように、気軽な気持ちで相談ができるところ。どんな状態で帰っても、変わらず温かく迎え入れてくれるところ。

そんなみなさんの「ヨリドコロ」であり続けられるよう、日々まなび、経験を重ねていきます。

ヨリドコロへの想い

こんにちは。私たちのホームページをここまで見てくださって、ありがとうございます。
ヨリドコロ・アンド・パートナーズ代表の内田です。
ここからは会社名でもあり、ミッションにも掲げている「ヨリドコロ」に込めた想いと背景をお話しさせてください。

気持ちの「ヨリドコロ」

キャリアの中で、新規事業を担当することが多かった私。側から見ればかっこいいと言われる仕事ですが、どうやってゴールを設定をしたらいいのかわからない上、立ち上げ当初は売り上げが立たず、自分の存在価値を疑問視してしまうなど、暗中模索の毎日でした。

そんな時に支えになったのは、ただただ話を聞いてくれる人。

ただただ話を聞いてもらうことで、固まっていた気持ちが和らぎ、すっきりとした状態で業務に取り組むことができる。鋭く問題の解決策を提示するよりも、まず気持ちを大切にすることが、継続的に事業を取り組む上でとても大事なのだと痛感し、ヨリドコロでは「気持ち」をとても大切にしています。

2021年6月には、新たな活動拠点を、北鎌倉に作りました。あえて都心から離れた北鎌倉でみなさんを迎えることによって、来てくださった方々が普段感じている緊張から少しでも解き放たれ、肩の力を抜いていただけるのではないかと考えたのも、オフィス移転の理由です。

もちろんポジティブな気持ちも分かち合い、喜びや幸せをもっと大きくできたら、こんなに幸せなことはありません。

事業の「ヨリドコロ」

気持ちのヨリドコロとなった先には、みなさんの事業に貢献したいと思っています。

そのためにはまず自分たちが学び・事業を営み続ける必要があると感じ、2021年9月〜 「まなび事業」「自ら事業」を新たな会社の柱として立ち上げました。

経験をし続けている私たちだからこそ、より同じ目線で、同じチームで、最適な立場から、みなさんの事業をお手伝いできると考えています。

また第三者の私たちだからこそ見える「原点」と向き合っていきたいと思っています。時には、ミッションや理想の姿を実現するために、「本当にその事業を行う必要があるのか?」と、偉そうかもしれませんが、根本を見つめ直すような投げかけをさせていただくことがあるかもしれません。ただ、少しでもみなさんの事業に役に立ちたい一心です。


私たちと出会ってくださったみなさんのヨリドコロとなり、さらにその先にいる人々、社会の「ヨリドコロ」となることを目指して、ここからも一歩一歩進んでいきます。

ヨリドコロ・アンド・パートナーズ株式会社
代表取締役 内田 俊介

事業展開

まずは私たちが学び、事業を営むことを大切に「まなび事業」と「自ら事業」を柱として掲げています。ここで学び・営んだ結果や経験、また過去の事業経験をフル活用し、「こんさる事業」では、みなさんの事業をサポートします。

そしてお手伝いさせていただいた経験を、次なる学びに繋げていく。

3つの事業を同時に走らせ、循環させていくことで、みなさんのヨリドコロとなる幅が広がっていくと考えています。

親しみやすく、既成の固定概念に囚われずに柔軟で在りたい想いから、あえて事業名の多くに「平仮名」を採用しています。

メンバー紹介

内田 俊介うちだ しゅんすけ代表取締役

茨城県守谷市生まれ。

「いいね!」が口癖。連絡のまめさが強みです。好きなことには、没頭タイプ。職業柄?カタカナをよく使うけれど、実はちゃんと発音できません。。笑

これまで事業の立ち上げから、運用・改善段階まで、様々な事業・フェーズに立ち会い、行政から企業の方まで、多種多様な方々とお仕事をしてきました。お酒の力も借りながら… 多くの方々と繋がり続けているので、自分を通して、面白いチームを組んでいけたら最高です。

ここ数年は、次の世代の環境づくりにも力を入れています。
「チャンスは平等じゃない」自分自身の経験から、望む環境に巡り会える、そして飛び込む勇気があってこそ、チャンスが訪れると思っています。自分の持っている環境がチャンスの兆しになるなら、積極的にオープンにし、今だけではなく未来の社会にも貢献したいと考えています。

コーヒーが大好きです。自宅でも拠点でも、よくハンドドリップでコーヒーを淹れています。ぜひ飲みにきてくださいね。

学歴・職歴
明治大学政治経済学部卒業。営業職からキャリアをスタートして、(株)リクルートスタッフィングにて業務改善事業のプロジェクトマネージャーを担当。その後複数社にて新規事業の企画・立ち上げを経験したのち、オフィススペース・コミュニティなどのプロデュースや地域活性化プロジェクトを担当。2017年4月に独立し、2018年2月にヨリドコロ・アンド・パートナーズ(株)を創業。

藤田 真梨亜ふじた まりあ

北海道札幌市生まれ。

人の話を聴いたり、日常の小さなサポートをする事がすきです。私と関わることで、忙しい日々で凝り固まった何かが少しでも緩むといいなあと。こだわり屋で考えすぎる癖があり、一つの買い物に数ヶ月〜数年かかることも。。どうぶつがだいすきで、話しかけたりアテレコするのが日課です。

パソコンや簿記のスキル、監査法人で働いた経験を活かして、総務・経理などのバックオフィス業務全般を担当しています。

香りや食など、五感を活用することが幸せで、アロマやお香を勉強したり、21年5月に逗子に引越し、アウトリガーカヌーを始めました。ヨリドコロのまなび事業でも、日常では使っていない感覚を使う時間を作りたいです。運動後の疲労感と清々しさを、みなさんと一緒に味わいたいです。

ふわっと気軽な気持ちで、私たちの拠点や活動に参加し、少しでも羽を休めて、心や体に入った力を緩めてもらえたら幸せです。

学歴・職歴
愛知大学経営学部/教職課程卒業。(株)リンクアカデミー にてPC・資格の指導と、カウンセリングを経験。PwCビジネスアシュアランス(合)へ転職、公認会計士のサポートとして主に監査業務を行い、新ツールの普及アンバサダーとして社内全体へ導入研修も担当。2019年2月にヨリドコロ・アンド・パートナーズ(株)へ入社。

松尾 明子まつお めいこ

静岡県浜松市生まれ。

探究心が強く、とても負けず嫌いです。ふたつのことを同時に進めるのはとても苦手。忘れもの、なくしものはかなり多めで、おっちょこちょいです。

ショッピングセンターでの接客から、全国に向けた広告の制作・企画までを担当。課題やニーズを言語化して、整理することが得意です。一緒に働く方々が気持ちよく働けるような声がけや準備を大切にしています。

デンマーク留学を経験したことで、ひとりひとりの個性を活かす教育の在り方を探求したくなり、学校・授業づくりの場で実践を積んでいます。結果として、ひとりでも多くの方の心地よい暮らしや働き方を実現したいです。

趣味は、読書、山登り、温泉。頭をフル活用している毎日だからこそ、体と心を使うアクティビティが、心の安定を支えています。英語が得意で、英語を話している時はアドレナリンが出ます。積年の課題だった、猫背改善中です!

学歴・職歴
青山学院大学経営学部卒業。(株)リクルート住まいカンパニー(現:(株)リクルート)にて、スーモカウンターでの住宅相談アドバイザーを東京・静岡で経験。企画部署に移動し、フリーペーパーや折り込みチラシなど、集客施策全般を担当。退社後、デンマークのフォルケホイスコーレに短期留学。接骨院の集客サポートから、友人との会社立ち上げなども経験、教育分野への情熱から、ヨリドコロチームにジョイン。

会社概要

法人名 ヨリドコロ・アンド・パートナーズ株式会社
本社 〒106-0045
東京都港区麻布十番二丁目20番7号
BIRTH AZABU-JUBAN
MAP
北鎌倉拠点・福岡拠点 詳しい場所は、お問い合わせください
設立日 2018年2月20日
事業内容 コンサルティング事業・教育事業
役員 代表取締役:内田 俊介
顧問 小長野公認会計士事務所